ここでは突き指について、足の指の突き指を詳しく説明しています。

意外と知られていないのが足の突き指です。歩いている時に不注意で足をぶつけてしまったり、ボールを蹴った時の当たり所が悪かったりした時にも足の指を突き指してしまうものです。昔からよく言う「タンスの角に小指をぶつける」です。
足の指の突き指は手の突き指と同様、誰もが経験したことがある怪我でしょう。


sponsored link




ただし、足の指は構造的に手の指よりも突き指はしにくいと考えられます。どの指も手の指と比べると、それぞれが短く上に密集していることで強度が増すからです。
また靴や靴下を履いていることで保護され、加えられる外力が多少なりとも吸収されるのも背景にあります。

しかし、手の突き指で言う親指の時と同様に、足の指を突き指するときは相当な外力が加わらないと起こりにくいこと反面、突き指した時は大きな怪我になりやすいのも特徴です。特に足の指の中でも小指は骨折に発展しやすいので、注意が必要です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 突き指とは

⇒ 親指の突き指

⇒ 症状について

⇒ 突き指の後遺症



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tukiyubi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。