ここでは突き指に関連する外傷、脱臼について詳しく説明しています。

脱臼とは、骨と骨を繋ぐ可動部関節が完全に外れた状態のことを脱臼(完全脱臼)といいます。また完全脱臼は以下の2つの種類に分類されます。
【関節包外脱臼】
【関節包内脱臼】


sponsored link




【関節包外脱臼】
骨が関節を覆っている関節包靭帯を破り、関節包の外へ出ている状態のことをいいます。周辺の靭帯が損傷しているので、関節や軟骨の固定に時間がかかります。
【関節包内脱臼】
関節包内脱臼は、骨が関節包の中にとどまった状態のことをいいます。関節包外脱臼とは違い、関節包の損傷は一切ないので治癒するのが早いと言われています。顎関節の脱臼・習慣性肩関節脱臼・小児の膝脱臼などがこの症状にあたります。

また完全脱臼と対を成すものとして不完全脱臼というものもあります。これはいわゆる亜脱臼と呼ばれるもので、関節から骨の関節面が、外れかかっている状態のことを言います。関節が形成する骨の互いの関節面が部分的に接触してしまっている事を指します。また一度脱臼した関節を、自然に整復できたり、自分で整復できた状態のことも亜脱臼と言います。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 捻挫

⇒ 打撲

⇒ 靭帯損傷

⇒ 骨折



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tukiyubi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。