ここでは突き指の後遺症について、詳しく説明しています。

突き指をした後に適切な処置を怠ると、後遺症を残してしまうことがあります。受傷後に応急処置を行わなわず放置していた場合や、程度が軽いと思っていたら実は骨折していたりした場合、突き指を短い期間で繰り返した場合、または誤った治療法を行ってしまった場合など、主に指の変形による後遺症が残ることがあります。
後遺症としての指の変形は以下のようなパターンが代表的です。


sponsored link




【指の関節部分から湾曲する】
突き指で受傷した関節部分から湾曲する変形パターンです。一度変形してしまうと自然に元に戻ることはありませんし、見た目が歪なのももちろんですが可動域も狭まり曲げ伸ばしに制限がかかることもあります。

【指の関節部分が太くなったまま】
突き指で受傷した関節部分が太くなったままに変形するパターンです。湾曲変形型と同様に、見た目もさることながら可動域が狭まり曲げ伸ばしが不自由になることがあります。

このような後遺症が挙げられます。代表的なのが槌指(マレットフィンガー)と呼ばれるもので、指先が曲がったまま伸ばせなくなり、欧米で使われている木槌(マレット)の形状に似ていることが由来しています。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 突き指とは

⇒ 親指の突き指

⇒ 足の突き指

⇒ 症状について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tukiyubi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。