ここでは突き指の処置や治療について、間違った対処法を詳しく説明しています。

突き指の処置で一般的によく誤解されているのが「指を引っ張る」という方法です。
突き指の多くが指を付いた時に起こるものですから、指が短くなっているのを引っ張って伸ばせば良いという解釈で行われることが多いものです。しかし、実際にはその処置の仕方は大間違いです。治療どころかかえって怪我を悪化させてしまう行為そのものとなるのです。


sponsored link




突き指をした時というのは、程度の軽いものでも少なからず靭帯を損傷している状態です。損傷している靭帯を指を引っ張ることで無理矢理負荷をかけるわけですから、損傷した靭帯をさらに傷付ける行為となるわけです。例えて言うならば、所々千切れかかって劣化した輪ゴムを想像したとして、劣化した輪ゴムを引っ張って伸ばすとすぐにブチっと千切れてしまうというのと同じ内容になります。

また他にも「指を振る」や「揉む」などの行為も同様に間違った対処法です。突き指をした時は、とにかく安静にしてまずは冷やすことが適切な処置ということを覚えておきましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 応急処置について

⇒ テーピングの巻き方

⇒ 治療について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tukiyubi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。