ここでは突き指の処置や治療について、応急処置を詳しく説明しています。

突き指をした時は、内出血はもちろん靭帯を損傷したり骨折している場合もあるので、適切な処置が必要となります。怪我の度合いに差はあれど、応急処置をしておくに越したことはありません。
また、突き指に限らず怪我をした後は、出来るだけ素早く応急処置を施す必要があります。早く適切であればあるほどその後の回復に大きく反映されるからです。


sponsored link




応急処置で有名な「RICE処置」という方法を以下に紹介していきます。

【RICE処置】
●R=Rest(安静)・・・受傷後は無理に動かしたりせず、出来るだけ動かず安静にします。
●I=Ice(冷却)・・・アイシングです。患部の炎症と腫れを抑える為、氷やコールドスプレー等を用いて冷やします。
●C=Compression(圧迫)・・・患部を圧迫して、腫れや内出血を抑えます。
●E=Elevation(挙上)・・・心臓よりも高い位置に患部を挙上します。心臓から送られてくる血液を重力に逆らうことで減らす目的があり、腫れや炎症を抑えます。
特に患部の腫れについては、腫れが大きすぎると回復が非常に遅れてしまうため、必要最低限に留めることが重要となります。

これら4つの基本的な処置の頭文字を取って「RICE処置」と呼びます。これが応急処置の原則と言われています。これら4つを適正に施すことで、その後の回復に大きく影響を与えることが出来ます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ テーピングの巻き方

⇒ 治療について

⇒ 間違った治療法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tukiyubi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。