ここでは突き指の処置や治療について、テーピングの巻き方を詳しく説明しています。

突き指など関節を損傷するような外傷の場合には、テーピングを巻くことが治療だけでなく予防としても効果的な処置となります。靭帯を損傷している時は靭帯の持つ関節を固定する役割が不十分で、関節が緩んだ状態になってしまいます。この緩んだ状態を固定する為にテーピングを使用することが重要となります。


sponsored link




また、ただ闇雲にテーピングを巻きつけるだけでは全く効果がないだけでなく、かえって症状を悪化させてしまうこともあります。テーピングは巻き方が非常に重要です。以下にテーピングの巻き方の基本を説明していきます。

【アンカー】
受傷した関節を中心として、両側にテープを巻きます。全てのテーピング処置の基本となる巻き方です。巻く時に締め付けが強すぎると血行障害が起こるので、テープの粘着で皮膚が引っ張られない程度の力で巻くようにしましょう。
【サポート】
縦方向にアンカーからアンカーまで、指の縦方向に沿ってテープを貼ります。手のひら側と手の甲側の表裏どちらも貼ります。
【クロスサポート】
同じくアンカーからアンカーまで、関節が中心となるようにクロスさせながらテープを貼ります。×の字を描くように巻き付けます。
【サーキュラー】
サポートやクロスサポートで巻いたテープを固定する為に、アンカーで巻いた部分を再度巻きます。
【フィギュアエイト】
親指の場合に用いる巻き方で、手首に巻き付けた後に手の甲側から親指の付け根を目指し、親指の付け根を一周したら手のひら側から手首へ戻す巻き方です。これを2,3回繰り返します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 応急処置について

⇒ 治療について

⇒ 間違った治療法



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
tukiyubi21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。